【3分de名著】しないことリスト

どうも、読書大好きサイトウです。

大好評、【3分で名著シリーズ】、楽しんでやっていきましょう!

僕の大好きな番組、

100分de名著のパロディーです。笑

 

本は読みたいけど時間が無い、

最後まで読み切れない、

本読むのが苦手!

というあなたのために、

僕の大好きな本をわかりやすくまとめて紹介しますので、

温かく見守っていただければと思います。

 

少しでもお役に立てるようにしっかり要点をまとめていきます。

しないことリストを作ろう!

今回紹介する本はこちら!


しないことリスト (だいわ文庫)

 

本屋さんでタイトルを見た瞬間に一目惚れしました、

しないことリスト (だいわ文庫)です。

 

以前、「人生でやりたいことリスト100」はやってみましたが、

関連記事:巷で話題の「人生でやりたいことリスト100」がスゴイということでやってみた。

 

しないことリストを作る、という視点は無かったので、

タイトルを見た瞬間にときめいたわけです。

 

たしかに今って断捨離ブーム、ミニマリストブームでもありますから、

しないことリストを作ると、より毎日が良くなっていきそうですよね。

 

ぜひこの機会をきっかけにあなたもしないことリストを作ってみましょう!

 

もちろん、僕もやってみました!!

関連記事:【3分de名著、実践編】もっともっと幸せになるために、しないことリストをやってみる

あらすじ

この本は、

しなきゃいけないことの99%は、本当は別にしなくていいことだ。

という前提に立って、

 

人生でしなくていいこと、

について考えるきっかけを与えるために、

著者のPhaさん(日本一有名なニート)が

実際にやめてきたことを紹介している本です。

 

自分の人生を見つめ直すきっかけになる良書です。

僕はこの本を読んだ後、肩の力が抜けました。

 

重要なポイント

今、世の中には、

しなければいけないことが溢れています。

その理由が二つ。

 

  1. 情報が多すぎるから
  2. そのほうが儲かるから

 

です。

 

情報が多すぎる、というのはわかりますよね。

今はインターネット・SNSが発達して、

ありとあらゆる角度から情報が流れてきます。

 

その情報を鵜呑みにして、「やらねば!」になってしまうわけです。

 

 

そのほうが儲かるから、というのは、

消費者を現状で満足させない!ということです。

最新作だよ!

限定20個だよ!

最後のチャンスだよ!

 

と、「今しなければいけない理由」を上手に煽って儲けている人がたくさんいますよ!

ということですね。

だから、「やらねば!」という漠然とした不足感を持っている人が多いわけです。

 

企業戦略、すごいですね。

 

そういったことをふまえて、

この本で一番強いメッセージ性を感じたのが、

この言葉でした。

 

なぜしないといけないかが、自分でよくわからないことは、もうやめよう。

まわりに理解されなくても、自分の実感を持てることや、自分のしたいことだけをやっていこう。

 

そのために、大切なのが、

 

  1. 他人や世間の評価で行動を決めるのではなく、自分なりの価値観を持つこと
  2. 他人や世間のペースに無理についていこうとせず、自分のペースを把握すること

 

だそうです。

 

実際にPhaさんの「しないことリスト」を見ていきましょう。

 

まず、こんな感じでカテゴリ分けされています。

 

  • 所有しないリスト

人間が何かに注意を払うエネルギーは限られている(注意資源という)。

たくさんモノをもつと、ひとつひとつの扱いがおろそかになってしまう。

 

これはモノだけでなく、人間関係・記憶・体験でも同じことが言える。

 

つまり、持てば持つほどひとつひとつに対する思い入れや感動は少なくなる。

逆に何も持たないほうが新しいものを得る余地がある。

 

  • 努力しないリスト

仕事をするために人生があるわけではなく、

人生を充実させるための手段の一つが仕事であるに過ぎない。

 

だから、成果を出すために努力することが素晴らしいわけじゃないとことを覚えておこう。

 

頑張ることもいいけど、

頑張らないでなんとかするほうが素晴らしいという前提に立って、

無理している努力を手放していこう。

 

  • 自分のせいにしないリスト

すべて自分に責任がある、

すべて自分で変えないといけない。

と思って生きるのはしんどいものだ。

 

現に、生まれ育った環境や、急な天災、不慮の事故など

自分ではどうしようもないこともたくさんある。

 

責任を過剰に背負ってつぶれてしまわないように、

また、他人にも寛容になるために、

 

自己責任は50%、自分ではどうしようもないことが50%、

くらいで考えるのがちょうどいいくらいのバランスではないだろうか。

 

  • 期待しないリスト

人生で苦しみを感じることが多いのは、

世界が自分の思うように動いてくれないからだ。

 

「こうなってほしい!」

「こんな現状はおかしい!」

 

というこだわりが多い人ほど苦しみも多い。

 

そこで、妄想を膨らませ過ぎないで、

できるだけ正確に現実を認識して、

諦めや需要を少しだけ取り入れていこう。

 

 

では次に、Phaさんは、

どんなことをしないリストに入れたのか、

それぞれ見ていきましょう

 

所有しないリスト

  • 余計な買い物をしない
  • お金で解決しない
  • 高い家賃を払わない
  • 自分だけで独占しない
  • 頭の中だけで考えない
  • 読みっぱなしにしない
  • デジタルにしない
  • 過去に固執しない
  • 高く積み上げない

 

努力しないリスト

  • だるさを無視しない
  • 元気でいつづけない
  • 自分を大きく見せない
  • 睡眠を削らない
  • 一人でやろうとしない
  • すぐに決めない
  • イヤなことをしない
  • 土日を特別視しない
  • 一か所にとどまらない

 

自分のせいにしないリスト

  • 二択で考えない
  • 自分の実力にしない
  • 孤立しない
  • つながりすぎない
  • 予定を守らない
  • 差別しない
  • 同じ土俵で戦わない
  • 感情を殺さない
  • 絶望しない

 

期待しないリスト

  • 閉鎖的にならない
  • 何かのためにしない
  • 最後まで我慢しない
  • 仕事に身を捧げない
  • 人の意見を気にしない
  • 議論しない
  • あえて何もしない
  • 長生きしない
  • 完璧を目指さない

 

はい。

全部で36個ありました。

 

何か気になる項目はありましたか?

 

ぜひあなたも、自分の人生と向き合って、

しないことリストを書き出してみましょう。

 

僕のしないことリストを参考にしてもいいですよ!

関連記事:【3分de名著、実践編】もっともっと幸せになるために、しないことリストをやってみる

まとめ

 

僕たちは頭のどこかで、

たくさん持っているほうが素晴らしい!

いろいろできるほうが価値がある!

と考えてしまいがちです。

 

ただ、

それが本当に自分にとって心地いいのか?

自分にとっての幸せや充実と繋がっているのか?

 

…そんなことを考えさせられる、

ステキな一冊になりました。

 

なぜしないといけないかが、自分でよくわからないことは、もうやめよう。

まわりに理解されなくても、自分の実感を持てることや、自分のしたいことだけをやっていこう。

 

そのために、

  1. 他人や世間の評価で行動を決めるのではなく、自分なりの価値観を持つこと
  2. 他人や世間のペースに無理についていこうとせず、自分のペースを把握すること

 

を意識して生きていきましょうね。

 

おわりに

 

ものすごーくわかりやすくて、

良質な哲学書を読んでいるような感じでした。

 

ぜひ、今ちょっと頑張りすぎているあなたには、

読んでいただきたい一冊です。

 


しないことリスト (だいわ文庫)

 

僕も、改めて自分のしないことリストを作って、

より自分らしさに気付くことができました。

 

あなたも時間を見つけてチャレンジしてくださいね。

 

サイトウのしないことリストはこちら。

関連記事:【3分de名著、実践編】もっともっと幸せになるために、しないことリストをやってみる

 

ということで、3分de名著、

今回はここまで~。

またね~!

 

そのほかの作品

【3分de名著、実践編】もっともっと幸せになるために、しないことリストをやってみる

2019年2月6日

【3分de名著】マンガでわかるキャッチコピー力の基本

2019年2月3日

【3分de名著】本番で120%の力を引き出す、勝者のゴールデンメンタル

2019年2月4日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

心理カウンセラー、天才発掘塾の塾長。

自身の人材育成手法と心理学の理論を掛け合わせたノウハウで、2年半でのべ2500人以上の人たちに才能の見つけ方・育て方を指導。

詳しいプロフィールはこちらから