才能を開花させる「勝負脳」のお話

さて、この記事では才能を開花させるために必要な“勝負脳”についてお話します。

開花させる才能がまだ見つかってないよー!というあなたは、こちらの記事からご覧になってくださいね。

→「【永久保存版!】あなたの才能の見つけ方のコツ、おもしろワーク集

あなたは、本番に強いタイプですか?

それとも本番に弱くて、いつも散々な結果になってしまうタイプですか?

この記事で才能を開花させる「勝負脳」について学んだことをを実践すれば、きっとあなたも本番に強いタイプになれますので、楽しみながら勉強しましょう!

そもそも勝負脳とは?

勝負脳とは日本大学の林成之教授が命名した言葉です。

水泳の北島康介選手にも伝授したことで有名になったのですが、具体的にどういうことか説明していきますね。

  1. ライバルに勝とうとせず、自己記録の更新にこだわる。
  2. 常に自己ベストの3割増の力を出そうとする。
  3. 疲れたなど、否定的な言葉は使わない。
  4. 調子のよいときは休まず、アグレッシブにやり続ける。
  5. プールと自分が一体化するイメージをもち、自分の世界を作る。

いかがでしょうか?

水泳だけに限らず、どんな分野でも生かせそうですよね。

あなたは上記の5つ、仕事や趣味に取り入れられそうですか?

パフォーマンスを左右する脳の本能について

更に、脳の本能は3つしかないとも言います

  1. 生きたい
  2. 知りたい
  3. 仲良くしたい

この本能に反することを行うと、脳のパフォーマンスが圧倒的に低下し、この本能通りに行動するとパフォーマンスは向上するそうです。

つまり、誰かに勝とうとすると、本能の「仲良くしたい」に反するのでパフォーマンスが落ちる、ということです。

だからこそ、

ライバルに勝とうとせず、自己記録の更新にこだわる」のが勝負脳です。

あの人も活用していた?勝負脳の生かし方

ゴルフ選手のタイガーウッズさんが全盛期の頃、

自分のショットの時「入れ」と思い、相手のショットの時も「入れ」と思っていたそうです。

なぜなら、ハイレベルな戦いになったほうが、

観客も喜ぶし、相手選手も最高のパフォーマンスを発揮し、

そしてその、最高の相手に勝つからこそ自分も楽しい!と感じることが出来るからだそうです。

まさに「勝負脳」と3大本能を上手に生かしていますね。

あなたも今日から「勝負脳」を活用しよう!

ビジネスにおいても、日常生活においても、

タイガーウッズや北島康介選手と同じ感覚で挑めたら、きっとその瞬間瞬間を楽しむことが出来、

なおかつ、あなた自身のパフォーマンスも向上し、眠っている才能も開花するかもしれません。

相手に勝とうとするのではなく、自分に勝つ。

その思考が自分の人生をよりよくするのですね。

 

やっぱり、まずは才能の見つけ方から知りたいな、というあなたはこちらの記事をご覧になってくださいね。

→「【永久保存版!】あなたの才能の見つけ方のコツ、おもしろワーク集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です